美容と健康の基礎-beautyma-vo

綺麗なバスト、ウエスト、お肌すべて健康あってのものです。間違った美容情報に騙されないで! - 5大栄養素のそれぞれの働き

更新情報

5代栄養素



タンパク質
niku

炭水化物
gohan
ミネラル
a1180_005768

ビタミン
a1180_011224

脂質
a0002_011897


5大栄養素のそれぞれの働き


栄養というのは、大別すると2つにかけられます。
1つはエネルギーを生産する栄養素です。
もう1つは機能性栄養素と呼ばれる栄養素です。
機能性栄養素というのは、体の調子を整えるような働きを持っている栄養素です。
炭水化物の場合にはエネルギーを生産する栄養素の代表的なものと言えます。
先ほども説明しましたが、それぞれの栄養素にはそれぞれの働きがあります。
体への良い働きです。
炭水化物は主に体を動かすエネルギーになるものです。
脂質というのはバターや油のことですが、これは体を作ったり、体を動かすエネルギーになります。
たんぱく質というのは肉や魚、乳製品、牛乳、卵などのことですが、たんぱく質の働きというものは多く、体を動かすエネルギーになったり、体を調整する働きをしたり、体を作る働きをします。
まさにさまざまな働きをします。
5大栄養素のうちのミネラルは体を作ったり、体を調整する働きをします。
最後に、ビタミンの働きは、主に体の調子を整える働きをします。
簡単には、三大栄養素以外の2つのミネラル、ビタミンという栄養素は体の調子を整えてくれる働きをしてくれます。
以上は5大栄養素ですが、これらの他に、生理機能成分というものがあります。
これはビタミンやミネラルと同様、単一の栄養というわけではなくて、総称です。
これらはその名称の通り、体の調子を整えてくれる働きをするものです。
上記サイトでもやはり栄養素が詰まっているサプリを選ぶことが重要になります。

バランスが良い定食とは?

ここでは定食で人気のレバニラをあげて、どのように食事を考えていけばいいのか?というところを説明しています。
レバニラは栄養もありますし、がっつりと食べられるいいものですが、レバニラ以外にもカロリーがそれほど高くなく、栄養のバランスが優れている定食があります。
特に男性に限らず、「午前中にしっかりと仕事をして、昼間はおなかがペコペコでしっかり食べたい」という女性も少なくないでしょう。
以下のものを参考にして、上手にカロリーをオーバーしない食生活を工夫咲いていきましょう。

<量・バランスが良い定食>

焼き魚定食、690kcal
肉野菜炒め定食、720kcal
酢豚定食、697kcal
唐揚げ定食、785kcal
しゃぶしゃぶ定食、650kcal
ビーフシチュー定食、655kcal
ヒレカツ定食、730kcal
以上、洋食も中華料理も混ざっていますが、特に焼き魚定食や刺身定食などの日本料理についてはカロリーが低いものが多いので、ダイエット中の女性も男性にもオススメです。
また、ここであげているカロリーは店によって多少の増減はあります。
メニューなどでどれくらいのカロリーがあるのか?調べるのもいいでしょう。
カロリーのコントロールはあなた自身が行うものです。
そして5大栄養素のほかにも、ポリフェノールやイソフラボンなど
女性に嬉しい成分も近年では注目されています。
特にイソフラボンは人気バストアップ サプリに良く使用されており、
バストの悩みを解決してくれる成分が多く含まれているのでオススメです。

更に栄養素について学ぶ

Copyright(C)2014美容と健康の基礎-beautyma-voAll Rights Reserved.